季節のコラム

季節のコラム

2024年2月(如月) 生き方は〇〇に学べ!

2024年2月(如月) 生き方は〇〇に学べ!の画像

2024年2月(如月) 生き方は〇〇に学べ!

〜 二十四節季 〜
立春( りっしゅん ) 2月4日 冬の終わり、春の始まり。春の気配が立ち始めるという意味。
雨水( うすい ) 2月19日 雪や氷が解けて水になり、雪に代わって雨が降り始める頃。寒さが峠を越え、暖かくなり始めるという意味。

2024年1月(睦月) 2024年はじめのテーマは……

2024年1月(睦月) 2024年はじめのテーマは……の画像

2024年1月(睦月) 2024年はじめのテーマは……

〜 二十四節季 〜
小寒( しょうかん ) 1月6日 寒の入り。寒さが厳しくなる頃。
大寒( だいかん ) 1月20日 寒さが最も厳しい時。一年のうちで最低気温が記録される頃。

2023年12月(師走) 私事ではございますが、はまだまだ続く

2023年12月(師走) 私事ではございますが、はまだまだ続くの画像

2023年12月(師走) 私事ではございますが、はまだまだ続く

〜 二十四節季 〜
大雪( たいせつj ) 12月 7日 雪が激しく降り始める頃。
冬至( とうじ ) 12月22日 一年で昼が最も短い日。

2023年11月(霜月) マレーシアからのメッセージ

2023年11月(霜月) マレーシアからのメッセージの画像

2023年11月(霜月) マレーシアからのメッセージ

〜 二十四節季 〜
立冬( りっとう ) 11月 7日 暦の上では冬のはじまり。
小雪( しょうせつ ) 11月22日 小雪がちらつきはじめる頃。

2023年10月(神無月) 理想の自分になる方法

2023年10月(神無月) 理想の自分になる方法の画像

2023年10月(神無月) 理想の自分になる方法

〜 二十四節季 〜
寒露( かんろ ) 10月 8日 野草に冷たい露のつく頃。
霜降( そうこう ) 10月24日 露が凍って霜が降りる頃。

2023年9月(長月) 私事ではございますが、再び

2023年9月(長月) 私事ではございますが、再びの画像

2023年9月(長月) 私事ではございますが、再び

〜 二十四節季 〜
白露( はくろj ) 9月 8日 草花に朝露がつき、秋を感じ始める頃。
秋分( しゅうぶん ) 9月23日 この日を境に日が短くなる。朝晩が肌寒くなり、本格的な秋の気配の漂う頃。

2023年8月(葉月) 人もペットもアロマで虫除け

2023年8月(葉月) 人もペットもアロマで虫除けの画像

2023年8月(葉月) 人もペットもアロマで虫除け

〜 二十四節季 〜
立秋( りっしゅう ) 8月 8日 暦の上では、秋の気配が感じられ、秋風が吹くとされる。翌日からは、「暑中見舞い」から「残暑見舞い」になる。
処暑( しょしょ ) 8月23日 昼間は暑い日が続くものの、厳しい暑さのピークは過ぎ、朝の風や虫の声に秋を感じる季節。

2023年7月(文月) 私事ではございますが

2023年7月(文月) 私事ではございますがの画像

2023年7月(文月) 私事ではございますが

〜 二十四節季 〜
小暑( しょうしょ ) 7月 7日 だんだんと暑さが増していく頃。梅雨明けも近くなり、湿った空気の中にも夏の熱気が感じられる。
大暑( たいしょ ) 7月23日 暑さが最も厳しくなる頃。小暑と大暑を合わせた1カ月を「暑中」と言い、暑中見舞いを出す期間。

2023年6月(水無月) “からだ”の次は“こころ”の充電について!

2023年6月(水無月) “からだ”の次は“こころ”の充電について!の画像

2023年6月(水無月) “からだ”の次は“こころ”の充電について!

〜 二十四節季 〜
芒種( ぼうしゅ ) 6月 6日 稲や麦などの穀物の種を蒔く時期。現代では、少し早く、全国的に梅雨入り頃。
夏至( げし ) 6月21日 北半球では、1年のうち太陽が最も高くのぼり、昼の時間が最も長くなる日。

2023年5月(皐月) 何度でも伝えたい、“こころ”と“からだ”の充電について

2023年5月(皐月) 何度でも伝えたい、“こころ”と“からだ”の充電についての画像

2023年5月(皐月) 何度でも伝えたい、“こころ”と“からだ”の充電について

〜 二十四節季 〜
立夏( りっか ) 5月 6日 暦の上では夏の始まり。
小満( しょうまん ) 5月21日 木々が青々しく万物の成長する頃。

2023年4月(卯月) 「カウンセリング」で何をしているの?

2023年4月(卯月) 「カウンセリング」で何をしているの?の画像

2023年4月(卯月) 「カウンセリング」で何をしているの?

〜 二十四節季 〜
清明( せいめい ) 4月 5日 万物が清々しく生き生きとする季節。
穀雨( こくう ) 4月20日 春の雨で穀物が潤うという意味。

2023年3月(弥生) 「好きなこと」が分からなくなってしまう原因とは?

2023年3月(弥生) 「好きなこと」が分からなくなってしまう原因とは?の画像

2023年3月(弥生) 「好きなこと」が分からなくなってしまう原因とは?

〜 二十四節季 〜
啓蟄( けいちつ ) 3月 6日 大地が温まり、冬眠をしていた地中の虫が春の陽気に誘われて穴から出てくる頃。
春分( しゅんぶん ) 3月21日 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日。